乙女ゲームの感想を書いています♪

ヒロ|Scared Rider Xechs 個別感想

スカーレッドライダーゼクス ヒロ鞍馬 ヒロ
CV:下野紘
16歳 ツァール・フィア
《サブスタンス》デュセンバーグ CV:高橋直純

主人公より一つ年下キャラ。童顔の美少年なので年下感強いです。気が強く一見わがままに見えますが、裏を返せば甘えん坊キャラです。

ここから先はネタバレを含みます。読んでも大丈夫な方はどうぞ!
ヒロの過去に何があったのかはザックリとしか語られないのですが、どうやらあまり愛されて育っていなくて、ずっと居場所がないと感じていたようです。LAGにきて初めて自分の居場所があると感じ、I'sのメンバーを信頼して日々過ごしています。この辺はユゥジのお兄さん的な努力がすごかったのもありますね。他のメンバーも優しいですからね(わかりにくい優しさの人もいるけど)。

そういうこともあって、アキラがやってきたときの反発がもの凄かった。ヒロが一番露骨にひどかったですからね〜。タクトがアキラを嫌がった理由はまだ理解できるし態度もまあ良くはないけれど自分の希望もちゃんと言ってた。でもヒロのはとにかくアキラに消えてほしいという正直わがままなんですよね。もしかしたらI'sが変わっちゃうかも、という漠然とした不安からなんだけど。

和解してからのアキラへの依存もちょっとヤバいな〜と思いました。それも含めてヒロの魅力なんですけどね。まるで呪いのように何かあるごとに「捨てないでよね」って念押しするところがもうヤバい。美少年でモテモテなのでヒロが思うほど(今は)周りから拒絶されてはいないんですが、もう色々トラウマになっていて不安が消えないんですよね。ヤバい魅力の詰め合わせですよ、この子…。

ヨウスケやユゥジと比べて自分の体が貧相だと悩んでいるのもかわいいし、レゾナンス時の表情がめっちゃ色っぽいのも良かったです。日常会話でのヒロのツッコミも面白くて好きでした。カズキの作詞にツッコミいれるのとか。あと、CM撮影で面倒くさそうな棒読みの「白菜100%」も良かったです。

Love(青の世界)エンド
戦いの終結後、外の世界を知りたいとヒロとアキラの2人で旅に出ます。内気で変化を嫌っていたヒロが成長したな〜と思いました。嬉しそうに見守ってくれるI'sのメンバーがまたいいんですよね。爽やかな終わり方でした。

Death(紅の世界)エンド
最終決戦の直前で、まだみんな戦っているのに死んでしまったと嘘をついてアキラと逃げ出すのはゾッとするくらい良かったです。実際には、その後仲間たちはアキラに見捨てられたと絶望して死んでいきます。それを「みんなごめんね」で笑って済ませてしまうヒロ(デュセンバーグ)。戦いの決着がついていないため、アキラは紅の世界からもLAGからも追われることになります。何がなんだかわからないままヒロト一緒に逃げ続けるアキラ。一番怖い終わり方で、これはこれでとても良かったです。
関連記事
→ 〔Scared Rider Xechs スカーレッドライダーゼクス〕の記事一覧を見る

COMMENTS

0 Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply